スカーレット第84回・百合子が見せた涙
2020.1.10 8:15

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第84回(1月11日放送)では、ますます距離が縮まる信作と百合子の関係が描かれる。

信作(左・林遣都)にあることを言う百合子(福田麻由子)©NHK
信作(左・林遣都)にあることを言う百合子(福田麻由子)©NHK画像一覧

作品作りに悩む八郎(松下洸平)に、既成概念を捨て発想の転換が必要だと助言する喜美子(戸田恵梨香)。だが八郎はその意見を否定し、2人の間には緊張が走る。

すぐにわだかまりは解けるも、喜美子の才能溢れる作陶に心が揺らぐ八郎。一方、住み込みの弟子になって2カ月が経った三津(黒島結菜)は、家族にもすっかりなじんでいた。

この頃、喜美子の妹・百合子(福田麻由子)との距離がますます近づいていた信作(林遣都)。すると、百合子から涙ながらに思いがけない言葉が・・・。

弟子志願の松永三津が登場した第14週。これから川原家に多くの影響を与えることになるという。放送は3月28日まで。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

URL:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ