スカーレット第79回・八郎の個展が決定

2020.1.5 08:00

銀座での個展用の作品作りに悩む八郎(松下洸平)と喜美子(戸田恵梨香)©NHK

(写真5枚)

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第14週(1月6日〜11日)では『新しい風が吹いて』と題し、喜美子と八郎の陶芸工房に新たな変化が訪れる。

年末最終週の放送では、芸術家・ジョージ富士川との再会により、父・常治の死や自らの作品づくりと向き合えた喜美子(戸田恵梨香)。第79回(1月6日放送)では、それから数年が経ち昭和44年1月を迎える。

陶芸展で金賞を取って以来、個展や注文製作といった仕事が順調に入っている八郎(松下洸平)。喜美子はそんな八郎を支えることに専念し、彼が預かった弟子2人の面倒を見ながら、時折自由に自分の作品を作っていた。

そんなある日、銀座で個展を開催することが決定した八郎。だが、最近は満足する作品が作れておらず、プレッシャーを感じてしまうのだった・・・。

第14週では、川原家に影響を与える人物として黒島結菜が出演。放送は2020年3月28日までの全150回。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本