西川貴教が「心苦しかった」というワケ

2019.12.29 19:00

「役作りのためとは言えなかったので、早くジョージ富士川についての情報を世に送り出したかった」と西川

(写真1枚)

連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)で、世界的芸術家・ジョージ富士川を演じる西川貴教。役作りの影響で今夏が辛かったことを明かした。

主催する滋賀県最大の音楽フェス『イナズマロックフェス』を始め、夏から秋にかけてライブやイベントが重なった西川。「早くみなさんに、このジョージ富士川というキャラクターの説明をしたくて仕方なかった」と打ち明ける。

それもそのはず、撮影が始まる以前の夏頃から髪型を変えたと言い、「ジョージ富士川という人物がいかなるものかを説明できないまま、金髪の髪色でステージに出ていた」と苦笑いを見せる。

「『朝ドラのためやったんや』『役作りやったんや」と思ってもらえるように説明したかった。『めっちゃ調子に乗ってるやん、あいつ!』と思われていたと思うので、結構心苦しかったです(笑)」と、辛かった日々を明かした。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本