スカーレット第65回・父に向け八郎の宣言

2019.12.12 08:15

父・常治を納得させるため、喜美子(戸田恵梨香)にある宣言をする八郎(松下洸平)

(写真5枚)

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第65回(12月13日放送)では、八郎(松下洸平)の宣言により喜美子(戸田恵梨香)との結婚へ一歩踏み出す。

長女・喜美子との結婚の条件を、八郎に突きつけた父・常治(北村一輝)。それは、八郎が陶芸家になる夢を捨てて、「丸熊陶業」の社員として働き続けることだった。

「自分のように経済的な負担を喜美子にかけてほしくない」と訴えた常治の思いに八郎は承諾するが、喜美子は納得できない。常治に反論し、家族を巻き込んだ口論に発展してしまう。

すると、八郎がある宣言をして常治を納得させることに成功。喜美子と八郎の二人三脚の挑戦が始まる。

ようやく自分の気持ちに気づいた喜美子と八郎が、常治ら家族と向き合う第11週。放送は、2020年3月28日までの全150回。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本