スカーレット第61回・父・常治の怒り
2019.12.8 9:00

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第11週(12月9日〜14日)では「夢は一緒に」と題し、喜美子と八郎の奮闘が描かれる。

十代田八郎をどついてきたったと言う常治(北村一輝)に驚くマツ(富田靖子)と喜美子(戸田恵梨香)
十代田八郎をどついてきたったと言う常治(北村一輝)に驚くマツ(富田靖子)と、説明する喜美子(戸田恵梨香) (C)NHK画像一覧

前回は、八郎(松下洸平)に精一杯の思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。しかし、抱きよせられたところを常治(北村一輝)に目撃された。

第61回(12月9日放送)では、怒った常治が八郎を殴り飛ばしてしまう。喜美子は懸命に八郎への思いや陶芸のことを説明しようとするが、常治はまともに話を聞いてくれない。

すると信作(林遣都)の手引きで、喜美子は八郎の住まいを訪ねることに。真面目な八郎は、喜美子のことを真剣に考えているが故に、喜美子を帰そうとして言い合いに・・・。

ようやく自分の気持ちに気づいた喜美子と八郎が、常治ら家族と向き合う第11週。放送は、2020年3月28日までの全150回。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

URL:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ