スカーレット、地元の協力で火まつり実現
2019.11.30 8:15

滋賀県・信楽を舞台に描かれる連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)。第53回(11月29日放送)に登場した行事『火まつり』シーンの撮影の様子が明かされた。

第53回のワンシーン。「燃えさかる松明を象徴に、師弟関係の終焉や、八郎との関係の進展といった変化をドラマチックに」と狙いを説明 (C)NHK
第53回のワンシーン。「燃えさかる松明を象徴に、師弟関係の終焉や、八郎との関係の進展といった変化をドラマチックに描ける」と狙いを説明 (C)NHK画像一覧

甲賀市信楽町の伝統行事『しがらき火まつり』を元にしたこの『火まつり』。陶器づくりや生活に欠かせない火への感謝と、火に関わる安全を祈願する神事として毎年7月第4土曜日に執りおこなわれている。

ところが2018年、2019年は台風の影響で中止。8月下旬のロケではあったが、祭りを再現できるとあって地元の頼もしいバックアップがあった。

地域の関係者の協力を受け、エキストラとして大勢が参加。さらに、「実際に使用する予定だった約60本の松明をご準備いただき、荘厳なシーンを撮影しました」と火の粉が舞う祭りを再現できたという。

立ち上がる炎に松明を掲げる地元エキストラの方々 (C)NHK
立ち上がる炎に松明を掲げる地元エキストラの方々 (C)NHK画像一覧

当日は、喜美子(戸田恵梨香)や深野先生(イッセー尾形)、八郎(松下洸平)らが約5キロもの松明を担いで山道を歩くシーンを撮影。

「信楽の方々が協力してくれなかったら成立しないシーン」と松下も感謝。また、松明を担ぐ戸田の後ろ姿が、「ものすごく頼もしかったです。その背中を追いかけて僕も登りました」と撮影を振りかえった。

戸田も地元の協力に、「安全面も含めて私たちをフォローしていただいて、すごくありがたかったです」とコメント。撮影では「フカ先生や八郎さんと一緒に歩けているという、うれしさと楽しさがありました」と感想を話し、喜美子の心情と重なったようだ。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

URL:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ