イッセー尾形「戸田さんは火をつける人」

2019.11.18 08:03

作業場に入ってきた喜美子をじっと見据える絵付け職人(イッセー尾形)©NHK

(写真1枚)

連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)で、信楽焼の絵付け師・深野心仙を演じるイッセー尾形。深野に向き合った本作の演技について語った。

戸田恵梨香が演じる主人公・喜美子の師匠となる深野。「僕は昔、美術の教師を目指していたことがあるのですが、深野という人物は、僕が目指した美術の先生像に近い気がします」と、自らと照らし合わせる。

第41回(11月15日放送)では独特の絵描きスタイルとこれまでの経歴が明かされ、深野の魅力が詰まった放送回に。「日本画家だった深野が、なぜ絵付け師になったかと話をするんですね。それが台本3ページぐらいの長丁場のシーンで(笑)。でも、あのセリフのなかに深野のすべてが込められていると思ったから、気を引き締めてセリフを覚えました」と、その意気込みを明かした。

また、「あのシーンをクリアすれば、ある程度、深野になれるかなと思いましたね。ただ京ことばのイントネーションがとても難しい(笑)。直前に方言の先生に確認してなんとか演じました。5分もすると忘れてしまうけど(笑)」とも。

以前『まんぷく』に出演した際には、長谷川博己と自由に絡んでいたイッセー。「戸田さんは共演者に火をつけてくれる人。普通は台本の順序通りに演じていくものなのですが、戸田さんといると台本には描かれていないさまざまなものを投げてもいいかなと思わせてくれます。球を投げるよぉと言って、投げなかったりとかね(笑)。言葉のキャッチボール自体を楽しめる」と、俳優として戸田と真っ向からぶつかったようだ。放送は、2020年3月28日までの全150回。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本