スカーレット第44回・幼なじみの変貌

2019.11.18 08:15

左から信作(林遣都)、照子(大島優子)、喜美子(戸田恵梨香)。居酒屋「あかまつ」にて照子から見合い結婚の話を聞く ©NHK

(写真4枚)

女性陶芸家を目指すヒロインの半生を描くNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第44回(11月19日放送)では、火鉢の絵付け師として歩み始めた喜美子と同じく成長した友人らが登場する。

悪戦苦闘しながらも、火鉢の新しいデザインを描き上げた喜美子(戸田恵梨香)。できあがった図柄は、師匠の深野(イッセー尾形)からお墨付きをもらい、さっそく社長にプレゼンすべく事務所へと向かう。

その道中、役場に勤めている友人の信作(林遣都)と遭遇。一緒に事務所に入ると照子(大島優子)も現れ、幼なじみがそろう。ところが照子のある変貌ぶりに、喜美子は言葉をなくし・・・。

弟子入りから3年後、喜美子が絵付け師として奮闘していく第8週。放送は、2020年3月28日までの全150回。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本