スカーレット第21回・喜美子が進む道
2019.10.22 8:00

女性陶芸家として情熱を燃やすヒロインの半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第21回(10月23日放送)では、喜美子が将来に向けてある決断をする。

ちや子(左、水野美紀)に、自分の気持ちを伝える喜美子(戸田恵梨香)©NHK
ちや子(左、水野美紀)に、自分の気持ちを伝える喜美子(戸田恵梨香)©NHK画像一覧

「荒木荘」の住人たちのさまざまな生き方を通じて、喜美子(戸田恵梨香)は自分の将来を見つめ直す。その結果、新聞社への転職話をくれたちや子(水野美紀)に、「女中の仕事を途中で投げ出して、転職はできない」と自分の気持ちを伝えるのだった。

女中として一人前になった後に「自分が本当にやりたい道に進む」と決意する喜美子。その視線の先には、趣味で続ける描きかけの絵があった。その頃、信楽では川原家に異変が起こる。室内が荒らされ、家族が大切に取っておいた喜美子からの仕送りが盗まれてしまったのだ。

第4週では、一家の働き手として家族を支えるヒロイン・喜美子の女中としての成長が描かれる。放送は、2020年3月28日までの全150回。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

URL:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ