スカーレット第2回・授業置き去り喜美子
2019.9.30 8:15

男性ばかりの陶芸の世界で奮闘するヒロインの半生を描く、連続テレビ小説『スカーレット』。戦後、家族で滋賀県・信楽へ移住してきた小学生の喜美子(川島夕空)だが、第2回(10月1日放送)では、同級生たちとの学力差に愕然とする。

小学4年生の教室で、喜美子(左・川島夕空)に「お友だちになってあげてもええよ」と上から目線の照子(横溝菜帆)
小学4年生の教室で、喜美子(左・川島夕空)に「お友だちになってあげてもええよ」と上から目線の照子(横溝菜帆) (C)NHK画像一覧

引っ越してから初登校の日、通学途中で野生のタヌキに出くわした喜美子。あとをつけると、地面を掘り返す謎の男(村上ショージ)と出会う。聞けば陶芸家で、焼き物を作る土を集めていると話し、喜美子は興味を持つ。

そんなことをして、喜美子は学校に遅刻。さらに授業にもついていけず、同級生たちとの学力の差が明らかになる。家が貧しく、家事の手伝いに追われ、これまで満足に勉強できなかったためだ。ざわめく教室で、地元のお嬢様・照子(横溝菜帆)は意味ありげに喜美子を見つめるが・・・。

本作は、男性ばかりの陶芸の世界で奮闘する女性陶芸家の半生を描くストーリー。主題歌は、「明るさのなかにも切なさがあるイメージで作曲しました」というSuperflyの『フレア』。放送は9月30日から2020年3月28日までの全150回。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

URL:https://www.nhk.or.jp/scarlet/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ