スプーンで食べるタコ焼き、オタフクが開発

2019.7.27 22:00

まるでたこ焼きには見えないビジュアル「お好みソース饅頭『カップたこ焼き』」

(写真2枚)

球体ではなく、スプーンですくって食べる「お好みソース饅頭『カップたこ焼き』」が、大阪の百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で登場。らしからぬ見た目から、興味本位で購入する人が増えているそうだ。

饅頭型のお好み焼きを販売するオタフクソースによるテイクアウト専門店「oh!!sauce(オー!!ソース)」で、7月1日から販売をスタート。これまでの人気商品のランキングが一変したそうで、「徐々に売り上げを伸ばして売れ筋商品ベスト3に入っています」と担当者。

同店はワンハンドで食べられるをコンセプトとし、今回の商品で目指したのは「歩きながらでも気軽に食べられるたこ焼き」だという。山芋をたっぷり使ったトロトロの生地がカップに入り、なかにはソースと3粒のタコ入り。いわゆるカリッと感はなく、トロトロの生地が好きな人向け。また、少量ずつ食べやすいため、猫舌な人に適しているかもしれない。

また、女性が歯につくのが気になる青のりにも注意を払い、「ふわふわとした食感の青のりで水を飲めば流れるような品種を使っています」とのこと。料金は1個270円。

「oh!!sauce(オー!!ソース)」

場所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1
電話:10:00~20:00(金・土曜は~21:00)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本