なつぞら第13回・なつ、酪農する高校生
2019.4.14 8:00

NHK連続テレビ小説の100作目『なつぞら』。ヒロイン・なつが開拓者・泰樹(草刈正雄)らの住む十勝の柴田家に来てから9年が経過した第3週(4月15日〜20日)は、「なつよ、これが青春だ」と題して、なつ(広瀬すず)の高校生活を描く。

18歳になったなつ(広瀬すず)画像一覧

第13回(4月15日放送)は、昭和30年の初夏が舞台。なつは、地元の農業高校に通いながら、酪農の仕事を手伝っていた。

ある朝、柴田家の母牛が産気づき、泰樹らは出産の準備をする。いざ破水が始まると逆子であることが判明。必死に仔牛を引っ張り出すも、生まれた仔牛は息をしていなかった。落胆する一同を前に、なつは思わぬ行動をとり・・・。

本作はアニメーターを目指すヒロイン・なつの「夢と冒険、愛と感動」が描かれる物語。放送は4月1日から9月28日までの全156回。

連続テレビ小説 第100作『なつぞら』

日程:2019年4月1日(月)〜9月28日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ