なつぞら第12回・なつ、天陽救済を懇願
2019.4.12 8:15

北海道の大自然が舞台のNHK連続テレビ小説『なつぞら』で、ヒロイン・なつの子ども時代が描かれる第2週。同級生・天陽(荒井雄斗)の自宅を訪れたなつ(粟野咲莉)。第12回(4月13日放送)では、天陽の家族が抱える問題に直面する。

手前左から奥原なつ(粟野咲莉)、山田天陽(荒井雄斗)、天陽の母・タミ(小林綾子)画像一覧

戦争で家屋を失い、北海道へ移住してきた天陽たち山田一家が、離農寸前だと知ったなつは、泰樹(草刈正雄)に彼らを助けてほしいと願い出る。なつの思いを感じ、彼らの畑を見に行くと言う泰樹。なつととにも畑を訪れ、「いくら耕しても作物は育たない土地」だと言うが・・・。

それから9年。かつての荒地は一面の美しい畑に生まれ変わり、その畑には、18歳になったなつ(広瀬すず)の姿があった。

本作はアニメーターを目指すヒロイン・なつの「夢と冒険、愛と感動」が描かれる物語。2週目には、『おしん』でヒロインを演じた小林綾子も出演する。放送は4月1日から9月28日までの全156回。

連続テレビ小説 第100作『なつぞら』

日程:2019年4月1日(月)〜9月28日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ