なつぞら第10回・泰樹の夢に、なつ期待
2019.4.10 9:10

北海道の大自然を舞台に、ヒロイン・なつの子ども時代を描くNHK連続テレビ小説『なつぞら』の第2週。東京の兄を思い家を飛び出したが、無事に柴田家へと戻ったなつ(粟野咲莉)。第10回(4月11日放送)では、牧場主・泰樹(草刈正雄)の夢を知る。

バター作りを試みる泰樹(草刈正雄)とそれを見守る照男(岡島遼太郎)、剛男(藤木直人)、奥原なつ(粟野咲莉)
バター作りを試みる泰樹(草刈正雄)とそれを見守る照男(岡島遼太郎)、剛男(藤木直人)、奥原なつ(粟野咲莉)画像一覧

孫以上にかわいがるなつを、ある場所に連れていく泰樹。そこで、十勝に入植して以来抱き続けてきたバター作りの夢を語り始める。

翌日泰樹は、娘婿・剛男(藤木直人)ら家族の前で、バターを作ることを宣言。なつは、泰樹の夢でもあるバターを楽しみにするが、娘の富士子(松嶋菜々子)や孫の夕見子(荒川梨杏)はあまりいい顔をしない。

本作はアニメーターを目指すヒロイン・なつの「夢と冒険、愛と感動」が描かれる物語。2週目には、『おしん』でヒロインを演じた小林綾子も出演する。放送は4月1日から9月28日までの全156回。

連続テレビ小説 第100作『なつぞら』

日程:2019年4月1日(月)〜9月28日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ