なつぞら第4回・泰樹、なつの境遇を知る
2019.4.3 8:15

NHK連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』。大人でも重労働な酪農の仕事を手伝う9歳のヒロイン・なつ(粟野咲莉)。第4回(4月4日放送)では、柴田牧場の主・泰樹(草刈正雄)と少しずつ心を通わせる。

2人で闇市に出かけ、なつ(粟野咲莉)から境遇を聞かされる泰樹(草刈正雄)
2人で闇市に出かけ、なつ(粟野咲莉)から境遇を聞かされる泰樹(草刈正雄)画像一覧

なつを北海道・帯広の闇市に連れてきた泰樹。そこで、戦争で両親を亡くしたなつが、戦後の東京で必死に生き抜き、兄妹と離れて北海道にやってきた境遇を知る。

その後2人が向かったのは、帯広の菓子屋「雪月」。出迎えた店主の母・とよ(高畑淳子)は、泰樹が孫の夕見子を連れてきたと勘違い。息子で菓子職人の雪之助(安田顕)と妻の妙子(仙道敦子)も出てきて、どんどん話が膨らんでしまい・・・。

本作は北海道の大自然を舞台に、アニメーターを目指すヒロイン・なつの「夢と冒険、愛と感動」が描かれる物語。地元・北海道の演劇ユニットTEAM NACSから音尾琢真、戸次重幸、安田顕が出演する。放送は4月1日から9月28日までの全156回。

連続テレビ小説 第100作『なつぞら』

日程:2019年4月1日(月)〜2019年9月28日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ