まんぷく第150回・萬平、ヒントは生前葬
2019.3.28 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。まんぷくヌードルの売上が伸び悩むなか、突然生前葬を実行した母・鈴(松坂慶子)。第150回(3月29日放送)ではその余韻に浸るなか、福子のひらめきが商品販売の新戦略へと萬平を導く。

生前葬が終わって「スッキリした」と言う鈴(松坂慶子)の言葉を聞く福子(安藤サクラ)
生前葬が終わって「スッキリしたわ」と言う鈴(松坂慶子)の言葉を聞く福子(安藤サクラ)画像一覧

鈴が言い出した当初は突飛に思えたが、参加した誰もが鈴への素直な想いや感謝を伝え、大成功に終わった生前葬。あたたかな時間を過ごせて鈴も大満足だ。

その翌日、子どもたちが生前葬へ賛成の声をあげたことをきっかけに、「食べ歩けるヌードルの価値がわかるのは頭の柔らかい若者たちではないか」と、福子にまた新たなインスピレーションが浮かぶ。

福子のその言葉を聞いた萬平(長谷川博己)は、目にとまった『歩行者天国開催』の新聞記事から着想し、まんぷくヌードルの新たな販売戦略を思いつく。

福子(安藤サクラ)との会話の後、新聞のある記事に目をとめる萬平(長谷川博己)
福子(安藤サクラ)との会話の後、新聞のある記事に目をとめる萬平(長谷川博己)画像一覧

泣いて笑って様々なエピソードがあったが、いよいよクライマックスの第26週。「行きましょう!二人で」と題し、最後の最後まで目が離せない。放送は3月30日まで残り2回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ