まんぷく第143回・鈴も麺も問題発生
2019.3.20 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。入院し弱気になった母・鈴(松坂慶子)を福子(安藤サクラ)らが看病するなか、第143回(3月21日放送)では、開発の最終段階に入った「まんぷくヌードル」に問題発覚。 鈴にもさらなる異変が!?

カップの底にぶつかって麺が折れるという問題について考える立花福子(安藤サクラ)
カップの底にぶつかって麺が折れるという問題について考える立花福子(安藤サクラ)画像一覧

新商品開発の合間をぬって、萬平(長谷川博己)も鈴のお見舞いに。しかし、病院でも「まんぷくヌードル」の試作容器片手に仕事の話ばかりの萬平に、鈴は不満顔。福子がなだめると、鈴は最近「自分がなぜか絵描きになっている」などの変な夢に悩まされていることを明かす。

一方、完成まであと少しの「まんぷくヌードル」には、容器の底に当たって、揚げた麺が砕けてしまうという問題が発生。自宅台所で、カップの大きさを変えたり試行錯誤するが、良い解決方法がなかなか見つからない。そんなとき、鈴の容体が急変したとの知らせが入り・・・。

まんぷくヌードルの話をしていたところ、急に苦しみ出す鈴(松坂慶子)
まんぷくヌードルの話をしていたところ、急に苦しみ出す鈴(松坂慶子)画像一覧

「できました!萬平さん」と題す第25週では、物語のクライマックスもいよいよ間近となり、最後まで目の離せない展開に。カップ麺の開発過程はもちろんのこと、鈴の容体も気にかかる1週間。放送は3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ