まんぷく第138回・波乱含みの立花家
2019.3.14 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。課題だった容器や粉末スープの問題が解決した「まんぷくヌードル」だったが、福子(安藤サクラ)がもう少し工夫を訴える。第138回(3月15日放送)では、商品開発を巡って立花親子が口論になる。

立花家の居間で、「あなたはレオナルドさんのことホンマにわかってるの?」と幸(小川紗良)に聞く鈴(左・松坂慶子)。一方、源(西村元貴)は萬平(長谷川博己)に「お父さんは何を作りたいん」と聞き・・・
立花家の居間で、「あなたはレオナルドさんのことホンマにわかってるの?」と幸(小川紗良)に聞く鈴(左・松坂慶子)。一方、源(西村元貴)は萬平(長谷川博己)に「お父さんは何を作りたいん」と聞き・・・画像一覧

予定価格が「100円」と、「まんぷくラーメン」などと比べて高価な「まんぷくヌードル」。福子からの指摘を受けた萬平は、その価格を妥当とするため、今までのラーメンにない新たな具材を入れようと提案。さっそく開発チームで検討会をおこなうが、候補になった食材はどれも的外れなものばかり。

萬平は、チームメンバーに「彩りのある洋風の具材」を考えるよう、ゲキを飛ばす。その晩、具材探しの難しさを訴えた長男・源(西村元貴)が、萬平と口論になり、福子が仲裁する騒ぎに。また、幸(小川紗良)の恋模様に、鈴(松坂慶子)がやきもきするなど、立花家が揺れ動く。

「見守るしかない」と題す第24週では、福子の言葉によって研究に没頭しすぎる萬平の態度に変化が生じ、メンバーを大切にしながら、ともに商品開発を目指す。同週では、幸の恋の行方や福子の義兄・忠彦(要潤)が抱えるナイーブな弟子問題も見逃せない。放送は3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ