まんぷく第136回・娘の恋に父は複雑?
2019.3.12 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。溶けない粉末スープに容器の刺激臭・・・と完成にはほど遠い「まんぷくヌードル」。第136回(3月12日放送)では、商品開発に邁進する萬平(長谷川博己)の耳に、娘・幸(小川紗良)の恋の噂が届く。

世良勝夫(桐谷健太)から幸とレオナルドのことを聞かれ、困惑する萬平(長谷川博己)
世良勝夫(桐谷健太)から幸とレオナルドのことを聞かれ、困惑する萬平(長谷川博己)画像一覧

「まんぷくヌードル」の課題のひとつである、発泡スチロール製容器の刺激臭をなくすため、萬平は試行錯誤。蒸し器に入れてみたり、洗ったり、庭で外気にさらしてみたりと、余裕がない様子だ。一方、福子(安藤サクラ)はそんな萬平に余計な心配をかけたくないと、幸の熱愛疑惑を黙っていた。

しかし、そんな福子の気遣いも功を奏すことなく、思いもよらぬところから、幸と外国人のボーイフレンド・レオナルド(ハリー杉山)の話題が萬平の耳に入ることに。研究に没頭していたため寝耳に水の状態で、萬平は困惑。福子は幸をほほえましく見守っているが、萬平は・・!?

「見守るしかない」と題す第24週では、萬平が若手メンバーを大切にしながら、ともに商品開発を目指す。同週では、幸の周囲でも一波乱!?ご意見番の鈴は?・・・と、見逃せない場面が満載だ。放送は3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

URL:https://www.nhk.or.jp/kobe/ichiharu/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ