松下奈緒「我に返るとちょっと寂しい」
2019.2.21 8:00

物語も佳境に突入した連続テレビ小説『まんぷく』。ヒロイン・今井福子(安藤サクラ)の姉、香田克子を演じる松下奈緒が、夫・忠彦(要潤)との夫婦愛を語った。

「モデルさんで思い悩むシーンでは、お母さんを忘れて、妻を忘れて、思い切り少女に戻って恋する人に」と松下奈緒
「モデルさんで思い悩むシーンでは、お母さんを忘れて、妻を忘れて、思い切り少女に戻って恋する人に」と松下奈緒画像一覧

忠彦が売れない絵描きだった物語の初めから、寄り添い続ける克子。「常に忠彦さんの側にいたい、一番の理解者だ、という気持ちは変わっていないんですよね。子どもたちもだいぶ大きくなって、もう第二の人生のような感じです」と、後半の展開に臨む。

そんななか、忠彦が美人画を描き始めてモデルを連れ込むシーンは何かと話題に。「私(克子)がいいよって言ったもんだから、こうなっちゃったわけなんですが、生き物を描いていた人が、いきなり美人画を描き出すというのは、どういう心境の変化だったのでしょうね。私(克子)はきっと、『いいよ』って言ったことを悔やみ、心配しながらも見守り、我に返るとちょっと寂しい気持ちがあるんでしょうね」と、克子の思いを代弁する。

秀子と克彦のことが気になって何も手に付かない克子(松下奈緒)
絵のモデル秀子(壇蜜)と克彦のことが気になって何も手に付かない克子(松下奈緒)画像一覧

「落ち着いてみると、意外と香田家の問題って夫婦の仲だとか、身近なところで起こるんだなと。台本を読んだときは結構びっくりしましたが、ある意味すごく平和。家を差し押さえられたり、明日どうやって生きていこうかと悩む妹をよそに、克子は、夫が女の人を連れ込んで・・・というところに差を感じますね」とも。

「忠彦さんの絵のモデルへの嫉妬については、考えてみたら克子は46歳の設定。それでもやっぱりどこか少女のような女心を忘れていない。それがすごくチャーミングに見えたらいいな。子どもがいようが、40代だろうが関係なく、忠彦さんへの恋心がいくつになってもあるんだなぁと思いました」と、克子の乙女心を演じたようだ。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ