瀬戸康史「塩軍団の夕暮れシーンが好き」
2019.2.16 16:00

物語が佳境に突入した連続テレビ小説『まんぷく』。ヒロイン福子(安藤サクラ)の夫・萬平(長谷川博己)を生涯に渡って支え続ける、神部茂を演じる瀬戸康史が、本作の魅力を語った。

タカと「結婚してからは『茂さん』って呼ばれるようになるんですが、どこかちょっと恥ずかしい照れくさい」と神部役の瀬戸康史
タカと「結婚してからは『茂さん』って呼ばれるようになるんですが、どこかちょっと恥ずかしい照れくさい」と神部役の瀬戸康史画像一覧

戦後の混乱期に福子らが住む家に泥棒に入った神部。その後、泉大津での起業を手伝い、池田で即席ラーメンが出来上がってからも萬平を支える。「戦争が終わって家族が亡くなっているなど抱えている闇があるにも関わらず、初登場のとき神部はすごくいい顔をする。だから、その笑顔に闇を感じさせたくない。神部や塩軍団の役割はそういう闇を乗り越えて生き抜くということの象徴だと思っていて、今も大事にしているところです」と瀬戸。

特に、約2カ月に渡った泉大津編は印象に残ったといい、「塩軍団が釣りをしながらみんなでお互いにこれまで生きてきたことを話す、あの夕暮れのシーンはすごく好きですね。等身大の若者たちが、デコボコしているけれどもひとつにまとまっている感じが『青春やな』ってすごく感じました」と振り返る。

「やっぱり塩軍団との思い出がまだ心に残っていて、解散のときには本当に悲しかったです。ようやく慣れてきましたが、今もぽっかり穴が空いたような感じがしますね。いつもリハーサル室に塩軍団がいたんですが、今はそこには誰もいない。この前ひとりでリハーサル室にいるとき『こんなに広かったんだ・・・』としみじみ思いました」とも。

固唾を飲みながらも福子の出産を家の外から力いっぱい励ます、萬平(左・長谷川博己)と神部(瀬戸康史)ら塩軍団の男たち
固唾を飲みながらも福子の出産を家の外から力いっぱい励ます、萬平(左・長谷川博己)と神部(瀬戸康史)ら塩軍団の男たち画像一覧

神部の性格について、「神部は本当にすぐに周りが見えなくなってしまうので、結婚前に東京でダネイホンを販売するにあたり、美代(藤本泉)ちゃんという子が登場しますが、タカちゃん(岸井ゆきの)が好き過ぎて美代ちゃんからの好意に気づきません。神部以外の周りはみんな気づいているのに(笑)」

「タカちゃんと結婚してからも『萬平さん、どないしてるんやろ』と萬平さんのことしか考えられなくなってしまいます。そういう鈍感な部分が、人間味があるというか、神部のかわいらしいところ」と、分析した。

結婚後は泥棒に入ったタカの実家・香田家で同居を始めるが、「それを受け入れてくれる香田家のみなさん、本当に素敵ですよね。香田家で食卓を囲んで、みんなでご飯を食べているシーンなんかは、『あぁ、受け入れられたんだなぁ』と。お母さんの克子さんが『茂さん、ご飯おかわりは?』とか聞いてくれたときにはすごくうれしかったです」。

今後については、「ひとつのことに夢中になると周りがなかなか見えなくなるという、どこか抜けている。そこは大事にしていますし、面白く演じられるところだと思っています。できればいつか神部にも何か発明してもらいたい。発明できないにしても、福ちゃんみたいに萬平さんにヒントを与えるような言葉を伝えられれば。これだけ萬平さんが好きなので、少しぐらい役に立ちたいですよね(笑)」と期待する。放送は3月30日まで。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ