牧瀬里穂「宮川大助・花子に近づきたい」
2019.2.15 7:00

物語も佳境に突入した連続テレビ小説『まんぷく』。ヒロイン福子が働く「パーラー白薔薇」店主の妻・川上しのぶを演じる牧瀬里穂が、本作の魅力を語った。

喫茶店「パーラー白薔薇」のオーナー夫人・川上しのぶ(牧瀬里穂)
喫茶店「パーラー白薔薇」のオーナー夫人・川上しのぶ(牧瀬里穂)、奥が夫で店主のアキラ(加藤雅也)画像一覧

後半の物語でコメディ要素を担うのが、店主アキラ(加藤雅也)・しのぶ夫婦。牧瀬は自身の役を、「いわゆるステレオタイプの『大阪のおばちゃん』で、見ている人にクスッと笑っていただけるような、その場を明るくする人。福ちゃん(安藤サクラ)のことが大好きで、にぎやかだけどそっと温かく見守っているような存在でいたい」と話す。

川上夫婦のボケ・ツッコミは絶妙だが、「宮川大助・花子の花子師匠をしのぶの役柄としてイメージしています。お2人の根底には愛があったうえで、突っ込んだりされていますよね。信頼や愛があるからこその『ほほえましさ』だと思うので、私たち夫婦の役もそこに近づきたい」と明かした。

演じる上では、まさにツッコミが難しいようで、「どうしても、全力でいってしまいそうで(笑)。そこに愛情がないままに力を入れてしまうと、ただ叩いただけに・・・。そのツッコミの間(ま)も、0コンマ何秒で、面白かったり面白くなかったり、効いたり効かなかったりという違いが」と、苦労しているようだ。

また一方で、お嬢様育ちのしのぶの一面として、「アキラさんとしのぶはあまり苦労を知らずに育っているので、感情や性格という意味では、さほど複雑に入り組んだりゆがんだりしているところはない。でも、戦争を経験して乗り越えたからこその生きる喜びや、人とのつながりのありがたさを感じていると思うので、それは大事にしたいです。ただ能天気なだけではない明るさを表現できれば」とも。

今後について、「年代を経ていく役柄を演じる経験はなかなかありませんし、これから物語が数年後に飛んだあとも、しのぶの出番もあるので、今からその衣装も楽しみ。アキラさんという頼もしいパートナーもいますし、『ハハッ』と笑っていただけるような瞬間が起こるよう、これからも頑張っていきます」と意気込みを話した。放送は3月30日まで。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ