まんぷく第114回・家族や友人らも協力
2019.2.14 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。みんなから高評価を得て、「まんぷくラーメン」は商品化へ。第114回(2月15日放送)では、福子(安藤サクラ)が本格的にラーメン事業を手伝い始め、家族や友人も続々と協力に名乗りを上げる。

鈴(松坂慶子)にラーメンの作り方を説明し、麺にスープエキスをかける福子(安藤サクラ)
鈴(松坂慶子)にラーメンの作り方を説明し、麺にスープエキスをかける福子(安藤サクラ)画像一覧

「パーラー白薔薇」では、親切で陽気なオーナー夫妻のもと楽しく働いてきた福子だが、「まんぷくラーメン」の製造・販売に専念するために退職。また、真一(大谷亮平)が信用組合に掛け合い、融資を得ることができ、資金面でもひと安心となった。

子どもたちに加え、福子の母・鈴(松坂慶子)や姪・吉乃(深川麻衣)も手伝ってくれることになり、みんなで量産体制に入るラーメン事業。世良(桐谷健太)も販売場所を借りるために「大急百貨店」と交渉を始め、着々と準備が整うなか、これまで無理しながら頑張ってきた福子の体が悲鳴を・・・。

ラーメンの値段を話し合っていたところ、気分が悪くなる福子(安藤サクラ)
ラーメンの値段を話し合っていたところ、気分が悪くなる福子(安藤サクラ)画像一覧

「できたぞ!福子!」と題す第20週では、ついに努力の結晶である即席ラーメンが完成するまでを描く。音楽担当・川井憲次が「音楽を通じて当時の大阪の雰囲気を、ぜひお楽しみいただけたら」と話す劇中音楽や食卓に登場する数々のメニューなど、細部の演出にも注目を。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ