まんぷく第110回・常温保存が完成!?
2019.2.10 8:00

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。「常温保存できる麺」の壁をなかなか突破できない萬平(長谷川博己)だが、第20週(2月11日~16日放送)では「できたぞ!福子!」と題し、ついに即席ラーメンが待望の完成を迎えるまでを描く。

油のなかから揚げた麺を上げる萬平(長谷川博己)
油のなかから揚げた麺を上げる萬平(長谷川博己)画像一覧

福子(安藤サクラ)が台所で天ぷらを作る様子に何かをひらめき、さっそく行動に移す萬平。第110回(2月11日放送)では、蒸してスープをかけた麺を油で揚げることで水分が蒸発し、カリカリ麺を作ることに成功する。さらに、そこにお湯をかけると、麺は柔らかく戻り、味もおいしいという喜ばしい結果に。

「これなら常温保存できそう!」と福子と子どもたちは大興奮。しかし、喜ぶ福子らを尻目に、今回揚げた麺がうまく戻った理由を冷静に考える萬平。そこで、「ダネイホン」作りでお世話になった、大阪帝大の栄養学のスペシャリスト・近江谷先生(小松利昌)に連絡し・・・。

揚げた麺がお湯で戻った理由を近江谷先生(左・小松利昌)から聞く萬平(長谷川博己)と、麺の断面を顕微鏡でのぞき込む福子(右・安藤サクラ)
揚げた麺がお湯で戻った理由を近江谷先生(左・小松利昌)から聞く萬平(長谷川博己)と、麺の断面を顕微鏡でのぞき込む福子(右・安藤サクラ)画像一覧

本作は、萬平が福子に支えられながらインスタントラーメンを創りだすまでの物語。出演は、安藤、長谷川、松坂慶子ら。また、「音楽を通じて当時の大阪の雰囲気を、ぜひお楽しみいただけたら」(音楽・川井憲次)という劇中音楽や、食卓に登場する数々のメニューなど、細部の演出にも注目を。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ