まんぷく第34回・14人塩軍団と新生活
2018.11.7 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。試作で勢いづいた萬平(長谷川博己)は、本格的に塩作りに着手。第34回(11月8日放送)では、一気に増えることになった同居人の世話で、福子(安藤サクラ)や母・鈴(松坂慶子)はクタクタに。

泉大津の家・1階広間にて、従業員たちとにぎやかな夕食をとる福子(右・安藤サクラ)たち
泉大津の家・1階広間にて、従業員たちとにぎやかな夕食をとる福子(右・安藤サクラ)たち画像一覧

萬平に頼まれ、神部(瀬戸康史)が連れて帰ってきたのは、戦争で身寄りを無くした14人もの個性豊かな男たち。予想以上の人数に、受け入れには課題が山積みだったが、萬平は彼ら全員を雇い、塩の大量生産を目指すことを決心する。

一方、突如増えた住み込みの若者たちの世話をするはめになった福子と鈴。食事やお風呂、寝床の準備とヘトヘトに。しかし、不満たらたらの鈴とは違い、福子は、若者たちを引っぱる萬平の生き生きとした姿に新たな可能性を感じ、生活費の確保や製塩業の手続きにと再び奔走する。

「お塩を作るんですか!?」と題す第6週では、泉大津市の地で、萬平らが製塩業を開始する様子を描く。出演は、安藤、長谷川のほか、要潤、瀬戸康史、松下奈緒、松坂慶子ら。同週からは、中尾明慶ら新たなキャストも多数加わり、物語を盛り上げる。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ