まんぷく第33回・製塩事業に資金集め
2018.11.6 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。泉大津で「塩作り」を始め、萬平(長谷川博己)がついに初めての塩を完成させた前回。続く第33回(11月7日放送)では、塩を量産するため、人員や資金集めに奔走する。

製塩業のためのための資金を工面するため、女学校時代からの親友・ハナ(呉城久美)とその夫・水島賢作(松木賢三)に「なんとか助けていただけないでしょうか」と頭を下げる福子(安藤サクラ)
製塩業のためのための資金を工面するため、女学校時代からの親友・ハナ(呉城久美)とその夫・水島賢作(松木賢三)に「なんとか助けていただけないでしょうか」と頭を下げる福子(安藤サクラ)画像一覧

初めてできた塩は少々茶色かったものの、塩の試作が完成したことで自信を深めた萬平。経験したことのない仕事に戸惑う福子(安藤サクラ)や、「塩屋になるのは嫌!」と頑なに言い張る福子の母・鈴(松坂慶子)の反対を押し切り、本格的に塩の生産を目指すことに。

萬平は、行動をともにする神部(瀬戸康史)に人手集めを頼むと、製塩設備の計画を練り始める。福子もその思いを汲み、生活費と塩作りの資金集めに奔走。嫌がる鈴もどうにか説得する。ところが、神部が大阪の街から連れてきたのは、なんと14人もの若者たち。彼らは一体・・・!?

「お塩を作るんですか!?」と題す第6週では、泉大津の地で、萬平らが製塩業を開始する様子を描く。出演は、安藤、長谷川のほか、要潤、瀬戸康史、松下奈緒、松坂慶子ら。同週からは、中尾明慶ら新たなキャストも多数加わり、物語を盛り上げる。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ