まんぷく第30回・業績悪化するハンコ事業
2018.11.2 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。萬平(長谷川博己)が、闇市で加地谷(片岡愛之助)に遭遇するも、恨まずに自作のハンコを渡した前回。第30回(11月3日放送)では、そのハンコ事業に衰退の影が。

大阪の街路にて、同業者がたくさん出てきて、なかなかハンコが売れなくなり困惑する福子(安藤サクラ)とタカ(岸井ゆきの)
大阪の街路にて、同業者がたくさん出てきて、なかなかハンコが売れなくなり困惑する福子(安藤サクラ)とタカ(岸井ゆきの)画像一覧

萬平のアイデアで始めたハンコ事業は、始めた当初こそ繁盛したものの、同業者が次々と現れ、一家の収入は減る一方。姉・克子(松下奈緒)の住む香田家に居候する福子(安藤サクラ)は、萬平に「そろそろこの家を出ませんか?」と提案するも、行く当てはまったくない。

そんなある日、萬平は、友人の世良(桐谷健太)から泉大津市に残っているという軍の倉庫を紹介される。倉庫内に何かが残っているというが、その正体は不明とのこと。「一度見たい」と頼むものの、「確実に借りる相手でないと無理だ」と世良に断られた萬平が出した答えは・・・。

「信じるんです!」と題す第5週は、終戦後の混乱する大阪で、萬平が新しい事業を考える様子を描く。出演は、安藤、長谷川のほか、片岡愛之助、要潤、松下奈緒、松坂慶子ら。語りは、全編通してでは朝ドラ最年少の芦田愛菜がつとめる。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ