阪急×オタフク、片手で食べるお好み焼き

2018.11.19 17:00

個性あふれる6種の「お好みソース饅頭」が登場

(写真5枚)

「阪急うめだ本店」(大阪市北区)が、独自の限定商品を追究する「オンリーワン戦略」第11弾を19日に発表。お好みソース饅頭のテイクアウト専門店『oh!!sauce(オー!!ソース)』を、12月5日にオープンする。

これまで、「江崎グリコ」「亀田製菓」「UHA味覚糖」など多くの菓子メーカーとコラボしてきた「阪急うめだ本店」。今年10月にオープンした「日清食品」とのカスタム型カップヌードル専門店『モモフクヌードル』を皮切りに、惣菜のギフト化にも注力。今回は広島の調味料メーカー「オタフクソース」とコラボし、お好みソース饅頭を発売する。

「関西は粉もん文化が盛んということで『お好み焼き』に着目し、ソースでなにか新しい楽しみ方はできないかと企画しました」とは、フード商品総括部総菜商品部の矢野朗子さん。「もっと手軽にソースを楽しんでもらいたい」という思いから、お好み焼き生地のなかに固形ソースを閉じ込めることでハンバーガー感覚でお好み焼きが食べられる「お好みソース饅頭」を開発。

一番右の「トマト&キャベツ」(270円)は、ムース状のお好み焼きのため、スプーンで
一番右の「トマト&キャベツ」(270円)は、ムース状のお好み焼きのため、スプーンで

かつおと昆布のだしがきいた生地に、キャベツをたっぷり混ぜた「お好みソース饅頭」には、広島焼をイメージした「そば」をはじめ、「うどん」「カレーうどん」「激辛そば」「ほうれん草&ベーコン」「トマト&キャベツ」の6種がスタンバイ。ひと口食べるとソースがあふれ出てくる新感覚のお好み焼きで、矢野さんは「若い女性に、ランチや女子会のお供にしてほしい」と意気込む。価格は1個220円〜。「お好みソース饅頭」のほか、同店限定のお好みソース(1本540円〜)も3種販売される。

「oh!!sauce(オー!!ソース)」

2018年12月5日(水)オープン
場所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1
電話:10:00~20:00(金・土曜は~21:00)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本