まんぷく第25回・戦後混乱期を生き抜く
2018.10.28 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。疎開していた萬平(長谷川博己)に赤紙が来るも、病にかかり日本に留まった前週。「信じるんです!」と題す第5週(10月29日~11月3日放送)では、終戦後の混乱する世のなかを描く。

今井家が燃えて跡形もなくなってしまい、「立ち直れない」と嘆く鈴(松坂慶子)、福子(安藤サクラ)、萬平(長谷川博己)
今井家が燃えて跡形もなくなってしまい、「立ち直れない」と嘆く鈴(松坂慶子)と福子(安藤サクラ)、萬平(長谷川博己)画像一覧

長く続いた戦争がようやく終わるも、消息不明の人は依然として多く、混沌としている街なか。食料不足も深刻で、闇市で高いお金を払って食料を買うなど、みんなが生きるのに必死だった。

そんななか、疎開先から大阪に戻った萬平と福子(安藤サクラ)、母・鈴(松坂慶子)の3人。空襲を受けて家や会社は跡形もなく、空襲を免れた姉・克子(松下奈緒)の家に身を寄せる。

疎開していた上郡を訪れ、食料と交換してもらうため、根菜切断機の使い方を井坂夫妻(竹内都、石井洋祐)に説明する萬平(右・長谷川博己)と福子(安藤サクラ)
疎開していた上郡を訪れ、食料と交換してもらうため、根菜切断機の使い方を井坂夫妻(竹内都、石井洋祐)に説明する萬平(右・長谷川博己)と福子(安藤サクラ)画像一覧

ある日、食料を分けてもらうため、疎開していた上郡に向かった萬平と福子。大切にしていた着物や萬平の作った根菜切断機を食料と物々交換してもらった帰り道、ラーメンの屋台に長い行列ができているのを目にし、2人で1杯のラーメンを食べることに・・・。

本作は、萬平が福子に支えられながらインスタントラーメンを創りだすまでの物語。出演は、安藤、長谷川のほか、岸井ゆきの、竹内郁ら。語りは、芦田愛菜がつとめる。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ