まんぷく第23回・昭和20年春、萬平に赤紙
2018.10.25 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。疎開先で手持ち無沙汰な萬平(長谷川博己)が、近所の子どもたちとともにちょっとした発明をした前回。第23回(10月26日放送)では、いよいよ戦争も佳境になり、ついに萬平に赤紙が届く。

赤紙が届いた萬平(長谷川博己)のことが心配で取り乱す福子(安藤サクラ)
赤紙が届いた萬平(長谷川博己)のことが心配で取り乱す福子(安藤サクラ)画像一覧

昭和20年春、疎開先・上郡での生活にも慣れ、元気になり始めた萬平のもとに、2度目の赤紙がやってきた。日本の戦局はもはや絶望的で、役場の人から「今、戦争に行く人はみんな生きて帰ってはこれない」と言われてしまった福子(安藤サクラ)は、萬平が心配でたまらない。

しかし、「お国のために」と覚悟を決めた翌朝、激しい腹痛に見舞われた萬平。「(戦争に行かないための)仮病じゃないの?」と福子の母・鈴(松坂慶子)は疑うも、医師の診断結果は「腹膜炎」。薬で治るかどうかは「五分五分」だと言われた福子は祈る想いで看病するが・・・。

「私がみつけます!」と題す第4週は、戦況が厳しい時代を舞台に、収監時の暴行により、思うように働けない萬平を福子が支える様子を描く。出演は、安藤、長谷川のほか、要潤、松下奈緒、松坂慶子ら。同週からは、竹内都ら新しいキャストも登場。語りは、芦田愛菜がつとめる。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ