まんぷく第9回・福子のため、萬平が奔走
2018.10.9 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。萬平(長谷川博己)との幸せなデートから一転、長姉・咲(内田有紀)が倒れたとの知らせに青ざめる福子(安藤サクラ)。第9回(10月10日放送)では、急いで咲のもとに駆け付ける。

医師(左・笑福亭銀瓶)から、咲の病名は「結核」で病状も思わしくないことを告げられる、咲の夫・真一(大谷亮平)、福子の次姉・克子(松下奈緒)、母・鈴(松坂慶子)、福子(安藤サクラ)
医師(左・笑福亭銀瓶)から、咲の病名は「結核」で病状も思わしくないことを告げられる、咲の夫・真一(大谷亮平)、福子の次姉・克子(松下奈緒)、母・鈴(松坂慶子)、福子(安藤サクラ)画像一覧

母・鈴(松坂慶子)とともに向かった「真田山病院」にて、医師から告げられた「結核」という診断に、福子はショックを受ける。後日、福子を再びデートに誘おうと勤務先までやってきた萬平だったが、福子の大変な事情を知り、自分にできることはないかと奔走する。

周囲の人々に聞き回り、評判のよい結核の専門病院を見つけた萬平。福子に知らせるため今井家を訪れるも「福子に関わるのはもうやめてほしい」と鈴に冷たくあしらわれる。しかし、萬平は「申し訳ありません。それはできません」と、毅然とした態度で断りを入れる。

今井家の玄関前で、「結核の専門病院をみつけました」と福子(左・安藤サクラ)にメモを渡す萬平(長谷川博己)。福子の母・鈴(松坂慶子)は、そんな萬平の好意に対し・・・
今井家の玄関前で、「結核の専門病院をみつけました」と福子(左・安藤サクラ)にメモを渡す萬平(長谷川博己)。福子の母・鈴(松坂慶子)は、そんな萬平の好意に対し・・・画像一覧

「・・・会いません、今は」と題す第2週は、一旦は近づいた萬平と福子が、福子の姉・咲の病気により、離れ離れに。看病に明け暮れる福子の力になろうと萬平も奔走する。出演は、安藤、長谷川のほか、大谷亮平、片岡愛之助、松坂慶子ら。語りは、朝ドラ全編通してのナレーターとして最年少の芦田愛菜。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ