まんぷく第4回・福子、萬平と出会う
2018.10.3 8:15

世紀の大発明へとヒロイン夫婦が夢を追う、連続テレビ小説『まんぷく』。母・鈴(松坂慶子)の仮病の理由は自分にあったと知り、福子(安藤サクラ)がショックを受けた前回。第4回(10月4日放送)では、ついに長姉・咲(内田有紀)の結婚を鈴が許し、みんなが祝福モードに。

たちばな工房にて、壁に映し出された写真に感激し、「この幻灯機、姉の結婚式で使わせてもらえませんか!」と萬平(左・長谷川博己)にお願いする福子(安藤サクラ)
たちばな工房にて、壁に映し出された写真に感激し、「この幻灯機、姉の結婚式で使わせてもらえませんか!」と萬平(左・長谷川博己)にお願いする福子(安藤サクラ)画像一覧

福子への不安から鈴が引き起こした仮病騒動だったが、福子が新たな職種への挑戦とこれからの決意を鈴に伝え、ようやく終幕へ。そして、ついに鈴が咲の結婚を認め、それがうれしくてたまらない福子は、「咲の結婚式の際に、なにか特別な出し物を・・・」と考える。

出し物を探す福子が親友・敏子(松井玲奈)から聞いた先を訪ねると、そこには幻灯機(映写機)を開発する立花萬平(長谷川博己)が。萬平の協力を得て、福子が結婚式当日に披露した出し物は、主役の咲と真一(大谷亮平)夫妻をはじめ、会場全体を感動で包む。

高砂に座る小野塚真一(大谷亮平)と今井咲(内田有紀)。咲は、すてきなお祝いをしてくれた福子(安藤サクラ)にお礼を言う
高砂に座る小野塚真一(大谷亮平)と今井咲(内田有紀)。咲は、すてきなお祝いをしてくれた福子(安藤サクラ)にお礼を言う画像一覧

本作は、萬平が福子に支えられながらインスタントラーメンを創りだすまでの物語。「結婚はまだまだ先!」と題す第1週では、福子の日常を通じて萬平との初めての接点を描く。出演は、朝ドラ初出演の安藤サクラと長谷川博己のほか、松坂慶子や松下奈緒ら。放送は10月1日から2019年3月30日までの全151回。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ