片岡愛之助「どれだけ圧力かけるねん」
2018.10.21 13:00

連続テレビ小説『まんぷく』の出演者やスタッフにNHK大阪放送局がインタビュー。萬平と会社を共同経営した加地谷圭介を演じる片岡愛之助のコメントが届いた。

「ちょっと損な生き方をするキャラクターの人物ですが、戦争のあるこの時代が彼を変えてしまいます」と片岡愛之助
「ちょっと損な生き方をするキャラクターの人物ですが、戦争のあるこの時代が彼を変えてしまいます」と片岡愛之助画像一覧

同役について愛之助は、「加地谷には全く共感できないですね(笑)。似たところもないし、はじめは加地谷の人物像は理解不能でした(笑)。でも台本を読みながら、この人はどんな人で、どう進めたいのかな・・・とひとつずつ丁寧に考えていき、ようやく理解できたんです。そう感じるんだ、そっちに進んじゃう!?と、つっこみどころは満載です」と憎まれ役に苦戦している様子。

「事あるごとに萬平に『俺が社長やぞ!』と念押ししたり、ふたりで会話しているのに、いつも最後に『そうやな、立花』と名前をつけたりしているのは、加地谷の『俺が俺が精神』の表れだと思います。台本を読んでいて『どれだけ圧力かけるねん!』と思いましたよ(笑)」とも。

また収録時の会話も明かし、「実は、長谷川さんはうちの妻(藤原紀香)と過去に共演されていて。『妻がよろしくと言っていました』とお伝えしたら『え!覚えていてくださったんですか!』と驚かれたんです。元夫婦役での共演だったので妻が忘れるわけないと思いますが、そのリアクション。ちょっと萬平さんっぽいでしょ」と笑う。

朝ドラ出演にあたり「やったー!夢が叶った!とガッツポーズが出るような、面接に受かったような喜びでした」と片岡愛之助
朝ドラ出演にあたり「やったー!夢が叶った!とガッツポーズが出るような、面接に受かったような喜びでした」と片岡愛之助画像一覧

「今まであまり演じてきていないタイプの人物で、新鮮です。1人の人間を演じるのに、アップダウンが大きいのも楽しいですよ。人間って誰でも大なり小なり、人生のアップダウンがありますからね。加地谷圭介として生きる事ができるのは、役者として幸せです」と話した愛之助。第3週で姿を消した加治谷だが、また萬平の前に現れるのだろうか。放送は10月1日~2019年3月30日、全151回の予定。

連続テレビ小説 第99作『まんぷく』

日程:2018年10月1日(月)〜2019年3月30日(土)
URL:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ