アメ村の新ホテル、ファミリー層も視野に
2018.8.29 12:00

雑居ビルをリノベーションした宿泊施設「ステイ イン ザ シティ アメムラ」(大阪市中央区)が大阪・アメリカ村に8月29日オープン。海外のバックパッカーから、女性グループ、ファミリー層まで、幅広い集客を狙うという。

レセプションはホテルの2階に。もともとはカフェや古着屋などがあった雑居ビル
レセプションはホテルの2階に。もともとはカフェや古着屋などがあった雑居ビル画像一覧

古着屋、インスタ映えのカフェ、昔ながらの洋食店、ライブハウスなど、さまざまな店が共存し、関西でも独特な地域性を有するアメリカ村。「さまざまなカラーと文化が発達し、ディープ・ミックス感がある街だと思います。だからこそ、いろんな人々を受け入れられるような新しい形のホテルになれるのではないか」と支配人の矢崎芙美子さん。

同施設は、ホテルやホステルの企画・運営をおこなう「TRASTA」(本社:東京都渋谷区)が手掛け、アメリカ村らしさを追究するため「アンダーコンストラクション(工事中)」をテーマに、共有スペースは天井の配管などを活かしたデザインに。ただし、室内は清潔感を活かし、シンプルでスタイリッシュな造りとなっている。

4〜6名用のドミトリーと、シャワーやトイレが共有となる定員18名の3タイプ
4〜6名用のドミトリーと、シャワーやトイレが共有となる定員18名の3タイプ画像一覧

客室は3タイプのドミトリー(相部屋)と、2〜4人が宿泊できる部屋タイプの2種類で、ドミトリーは人数によって貸し切りも可能。4、6名用の部屋であれば、シャワー・トイレ、洗面台(通常、ドミトリータイプの宿泊施設は共有)が完備され、グループ利用の女性にとって重宝されそうだ。そして、ファミリー利用も視野に入れた、テラス付きの「アメムラテラス」であれば、4ベッド、リビング、テラスもあり、広々とした空間に。

「アメムラテラス」は、部屋にゆったりとしたソファも
「アメムラテラス」は、部屋にゆったりとしたソファも画像一覧

ドミトリーは1人3200円~、ツインルームは1部屋13000円〜、4名用のテラスルームは1部屋50000円〜と幅広い料金形態に。1・2階にはベトナム料理店があり、朝は宿泊者のみモーニングをいただくことができる。また、観光客と地元客が交流できるよう、ホテルとしては斬新なスナックも併設。

「STAY in the City AMEMURA」

2018年8月29日(水)オープン
住所:大阪市中央区西心斎橋2-18-15
電話:06-6575-7220
URL:https://stay-hotels.jp/inthecity-amemura/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ