お茶と電子音楽を楽しむ、京都の寺で開催
2018.8.18 17:45

普段は非公開の京都「法然院方丈」(京都市左京区)で、お茶と電子音楽を楽しむイベント『electronic evening 2018 電子音楽の夕べ』が8月25日に開催される。

過去開催の様子画像一覧

これまでも寺院やお茶席、温泉といった日本独自の場で電子音楽を楽しむという非日常的なイベントをおこなってきた、電子音楽レーベルの「涼音堂茶舗」。2003年に初開催され、当時はその斬新さで話題に。近年増えているお寺や神社でのライブやカレーイベントなどのはしりとなった。

今年は、ギターを中心に小物楽器やエフェクトを駆使するユニット・Coupieや、滋賀在住の音楽家・HIRAMATSU TOSHIYUKI、筝曲家の西尾裕美子らアーティストがラインアップされており、その音色とともに、京都の老舗「宇治茶の通圓」の御抹茶と、下鴨「茶寮宝泉」の若旦那・古田智史氏による、音楽をイメージしたオリジナル上菓子「せせらぎ」が堪能できる。

下鴨「茶寮宝泉」の古田智史氏によるオリジナル上菓子がいただける
下鴨「茶寮宝泉」の古田智史氏によるオリジナル上菓子がいただける画像一覧

当日、会場にはOTOGRAPHやtoe on netによる映像インスタレーションが並び、お茶席には京都の染色作家・むらたちひろ氏と写真家・今西徹氏による合作インスタレーションが登場。お香ブランド「lisn」が、玄関、お茶席、北書院、方丈とエリアごとに香りをコーディネート(夕方と夜でも切り替えあり)するなど、まさしく五感で楽しむイベントとなっている。料金は4000円、お茶券1000円。ローソンチケットで前売り発売中。

『electronic evening 2018「電子音楽の夕べ」』

日時:2018年8月25日(土)・18:00〜20:30
会場:京都 善気山 法然院方丈(左京区鹿ヶ谷)
料金:前売4000円、お茶券付5000円 ※浴衣来場者にはお土産付
URL:http://ryoondo-tea.jp/event/event_ee2018.html

URL:http://l-tike.com/order/?gLcode=55271&gPfKey=20180725000000353489&gEntryMthd=01&gScheduleNo=1&gCarrierCd=01&gPfName=

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ