萩原健一、まさかの「途中で死にます」
2018.7.31 13:00

9月からスタートするラガーマンが主人公のドラマ『不惑のスクラム』(NHK総合)の新キャストに、萩原健一(68)が発表。ほかのキャストらとともに30日、「宝塚市立花屋敷グラウンド」で取材会がおこなわれた。

ドラマ『不惑のスクラム』のキャストら
ドラマ『不惑のスクラム』のキャストら画像一覧

本職が医者のラガーマンを演じる上杉祥三(62)が、「僕が役者になったきっかけは、萩原健一さんに憧れて。その人と同じチームにいるっていうそれだけで幸せです」と告白。萩原から「嘘つけ」とツッコミが入るも、「いや、本当ですよ! 僕が代表して言っただけで、みなさんも実はそうなんです!」と熱く語るほど、キャスト全員からリスペクトされているようだ。

宇多津貞夫役を演じる萩原健一
宇多津貞夫役を演じる萩原健一画像一覧

そんな萩原だが、「私は末期がんの役。ラグビーを支えに、また家庭の愛情ある支えがあり、生き抜こうとしている役柄ですが、途中で死にます」とまさかのネタばらし。「でも非常におもしろい役なので、ひとつ見て楽しんでいただければありがたいと思います」と話した。そのほか、主演の高橋克典をはじめ、渡辺いっけい、村田雄浩、松尾諭、戸田菜穂、竹中直人、夏木マリらが出演。9月1日から10月13日までの毎土曜・夜8時15分から全7回の放送。

NHK土曜ドラマ『不惑のスクラム』

URL:https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ