福山雅治、NHK高校野球のテーマ曲制作
2018.6.7 18:00

夏の「阪神甲子園球場」(兵庫県西宮市)でおこなわれる『全国高校野球選手権大会』が8月5日から開催。今年で第100回を迎えるのを記念し、NHKが高校野球のテーマソングを初めて設定し、歌手・福山雅治が楽曲を制作することが7日に発表された。

「甲子園の季節になると故郷長崎の出場校の勝敗は毎大会チェックしています」と話す福山がテーマ曲を制作
「甲子園の季節になると故郷長崎の出場校の勝敗は毎大会チェックしています」と話す福山がテーマ曲を制作画像一覧

オファーを受けた福山は、「大変驚きました。と同時に大変光栄でございます。伝統ある甲子園に、野球のイメージとはおよそかけ離れている僕が、音楽で参加させていただけるとは夢にも思っていませんでした。小学校の頃はソフトボールでピッチャーを、中学校の3年間はブラスバンド部で過ごした経験がある僕からすると、甲子園という場所は、グラウンドもアルプススタンドも、憧れの全てが詰まっている場所です」とコメント。

楽曲については、「甲子園には、甲子園でしか表現することができない感動があるように思います。いつまでも忘れられない、大人になってもずっと心のなかで抱き続けている『青春の輝き』が。そんな『青春の輝き』を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるようがんばります」と現在制作中だという。

同局は、「幅広い世代に支持される福山さんなら、野球に青春をかける高校生から長い間高校野球を見続けているオールドファンまで、多くの方に共感いただける楽曲を制作していただけると考えています」と選考のポイントを説明する。公式サイトでは、「思い出の甲子園」アンケートもおこなわれている。

甲子園スペシャル企画ページ
URL:https://www.nhk.or.jp/osaka/koushien/

「思い出の甲子園」アンケート
URL:http://nhk.jp/nekkyu-sp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ