カマキリ先生・香川、ついにハチになる
2018.4.28 8:00

昆虫好きとして知られる俳優・香川照之が、熱い昆虫トークを繰り広げる番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』(Eテレ)。春の到来に合わせてクマバチの魅力に迫る5月3日の放送回を前に、香川がコメントした。

ドラマの撮影中に見つけた日を記録するなど、クマバチに特別な興味を持ってきた香川
ドラマの撮影中に見つけた日を記録するなど、クマバチに特別な興味を持ってきた香川画像一覧

昆虫が活発に活動を始める春。香川は、「盛り上がりますね〜、この緑が。桜の花から始まって、それが散って、緑が芽吹いてきて、ものすごく濃い緑の匂いがしてくる。昆虫たちも親を知らない子どもたちが出てきて、兄弟だけでちゃんと生きていくという。その力強さをまた今シーズンも味わえるのかと思うと、本当にテンションが上がります! 」とすでに熱い。

今回のテーマ・クマバチについては、「『え、何があるの?刺されたら痛いだけでしょう?』ってネガティブに考える人もいると思うんですけど、そうじゃないんです。例えば、ハチが花粉を運ぶことで築く花との関係とか、オスとメスの関係、姿の美しさ・・・。ハチは奥が深くて語ることがいっぱいあるんです」と、これまた熱い。

クマバチはなぜほかの昆虫にくらべて小さな羽で自由に飛べるのか? その秘密に迫る
クマバチはなぜほかの昆虫にくらべて小さな羽で自由に飛べるのか? その秘密に迫る画像一覧

また、「一見、怖いんだけど、ちゃんと安全に気をつけながら迫っていくと、すごい発見があります。これって、人生でも大事なことですよね。あの人怖いから嫌だとか、そうじゃなくて、ちゃんと向き合う、そうしたら何かが見える。ハチってそういうことの象徴だと思っています」と人にも例えながら、魅力を話す。

「『チョウのように舞い、ハチのように刺す』。偉大なボクサー、モハメド・アリを指す言葉ですが、私もモンシロチョウのように舞い(第2回放送分)、そしてついに今回ハチにもなりました。ついに、モハメド・アリまで、いや、そこまではいかないけれども、ジョー・フレージャーくらいまでは来たなと、これを今痛感しています。これが最大の見所です(笑)。ぜひ、このGWに進化し続けるカマキリ先生をごらんください」とアピールした。この模様は、3日・朝9時20分から放送。

NHK Eテレ『香川照之の昆虫すごいぜ!』

URL:http://www.nhk.or.jp/school/sugoize/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ