朝ドラに西川きよし、コンビの絆を語る
2018.2.19 7:00

「笑い」をテーマに描かれる連続テレビ小説『わろてんか』の新キャストに、3月から西川きよしの出演が発表。劇中に登場するしゃべくり漫才コンビのキース・アサリの名前を上げ、やすきよ時代を振り返った。

「随所に漫才だったりコンビのあり方がでてきて、少し身につまされる思いを感じながらも、毎朝楽しみ見ていた」と『マッサン』以来の朝ドラ出演を喜ぶ西川
「随所に漫才だったりコンビのあり方がでてきて、少し身につまされる思いを感じながらも、毎朝楽しみ見ていた」と『マッサン』以来の朝ドラ出演を喜ぶ西川画像一覧

ぶつかり合いながらも切磋琢磨しあうキース・アサリ。西川は、「2人の関係はいつも注目しています。私もコンビでいろいろなことがありました。男同士のコンビは、歳を重ねるにつれ絆がグッと深くなるんです。若い頃は相方が失敗するとムッとしたりしましたが、相手のミスを支えていくようになる。舞台で相手の目を見ると『ごめんね』と言っているのがわかるようになり、そういったときこそ、お客さまに内臓から笑ってもらえる漫才ができるんです」と故・横山やすしさんとのコンビ時代を懐かしく語った。

「孫を戦争に送り出し、どうにか無事に帰って来てほしいという気持ちを抱えている」治平を演じる西川きよし
「孫を戦争に送り出し、どうにか無事に帰って来てほしいという気持ちを抱えている」治平を演じる西川きよし画像一覧

西川が演じるのは、戦時中に大阪から疎開するヒロインたちを迎え入れる農家の主人・治平役。「(ヒロインから)辛いときだからこそ笑うんだ、と言われるシーンがあり、戦時下という非常時に『笑いは薬』ということを教わる。今から30年以上前ですが、『小さなことからコツコツと』という言葉が、自然と口から出ました。『わろてんか』が、日々小さなことを地道に積み重ねられている視聴者のみなさんの活力や元気になるような『クスリ』になれば良いなと思います」。放送は3月31日まで。

連続テレビ小説『わろてんか』

日程:2017年10月2日(月)〜2018年3月31日(土)
URL:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ