カミングアウト多数、NHKドラマの反響
2018.1.19 8:00

身体が男性で心が女性というトランスジェンダーが主役のドラマ『女子的生活』(NHK総合)。残り2回の放送を残し、主演の志尊淳とトランスジェンダー指導の西原さつきさんが、ドラマ放送後の反響を話した。

トランスジェンダー役を演じた志尊淳(左)と女性としての所作などを指導した西原さつきさん
トランスジェンダー役を演じた志尊淳(左)と女性としての所作などを指導した西原さつきさん画像一覧

「俳優仲間が、『見てるよ』と連絡をくれたんですけど、正直、最初は『淳が主演だから』『女性の格好をしているから』というところに興味があったそうです。でもドラマを見てくれて『内容が面白かった』って言ってくれています」と明かした志尊。

一方、自身も性別適合手術を受け、性同一性障がいのための女性化レッスンをおこなう西原さんは、「このドラマは、(志尊演じる)みきちゃんが女の子として生きる楽しさや、カワイイものが好きなキラキラした気持ちとか、彼女の明るい部分にフォーカスが当たっていて、私の知っている人の間では、そこが斬新だったという反応が多いですね」と話す。

また、「実は私の周りで、このドラマのオンエアが決まってから、親にカミングアウトをしたという人が10人以上もいて。ドラマがスタートする前から期待値は高かったんですけど、始まったことによって、作品の持つ影響力がすごく強くなったなぁというのを感じています」と西原さん。

「ドラマの後半の撮影では、みきとして生きることしか考えなかった」と話す志尊
「ドラマの後半の撮影では、みきとして生きることしか考えなかった」と話す志尊画像一覧

志尊は、「この作品を見ていただいて、何か届いているというよりも、この作品を見てくれたことに、僕はうれしさを感じるんです。伝えたいことはたくさんあるけど、それを僕が言葉にするのは違うのかなって。その人がどう感じてくださるかが全てだと思います。僕がすごく大好きなこの作品が、いろんな人に届けばいいな」と話した。残りの放送は、19日と26日のそれぞれ夜10時から。

NHK総合・ドラマ10『女子的生活』

URL:http://www.nhk.or.jp/drama10/joshiteki/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ