藤井隆、松坂桃李の演技に「すごい」
2017.10.31 8:00

朝の連続テレビ小説『わろてんか』の出演者やスタッフ、総勢22名にNHK大阪放送局がインタビュー。まったく面白くない芸人、万丈目吉蔵(まんじょうめきちぞう)役を演じる藤井隆のコメントが届いた。

「寄席が舞台になる物語で、ウケないとはいえ芸人の役をやらせていただくのは本当に光栄です」と藤井
「寄席が舞台になる物語で、ウケないとはいえ芸人の役をやらせていただくのは本当に光栄です」と藤井画像一覧

6月におこなわれた出演発表の記者会見で、演じる万丈目を「まったくおもしろくない芸人」と紹介された藤井。「本当に気が楽です。設定が『大爆笑をかっさらう』とかだったらね、いやだ!ってなるんですけど」と笑う。

松坂桃李が演じる藤吉とは友人の設定で、「藤吉と万丈目は年齢が離れた友人なんですが、そのふたりの雰囲気を松坂さんが作ってくださったので、戸惑うことなく『ボン!』と親しみを込めてすぐに呼ぶことができました。松坂さんがひょうひょうと演じて、ニコッとしてくれるだけで、こちらもお兄さん気取りになれたり、やっぱりええとこのボンやなと思えたりするから、すごいですよね」と話す。

また、「お芝居中、チラチラと藤吉さんと目線が合うのがすごく楽しいです。ドラマでは描かれていませんが、きっと以前、万丈目と藤吉がふたりで飲んだときに、何かおもしろいことあったんだろうな、弱みを見せたり見せられたりしたんだろうな、と想像しています。年下の友だち独特の近さを醸し出してくださるからこそ、松坂さんとのシーンは全般にずっと楽しいし、クスクス笑ってしまうんです」とも。

「万丈目は“うしろ面”という芸をやる役なのでお稽古中なんです」と藤井
「万丈目は“うしろ面”という芸をやる役なのでお稽古中なんです」と藤井画像一覧

最後に「物語のおもしろさはもちろんですが、笑ってくださいという意味の『わろてんか』っていう言葉もすごくいいなと思っています。僕も芸人として沢山の先輩方から教えていただいた思いです。1話でも多く見ていただいて、時代を経ても変わらない、『わろてんか』という気持ちをみなさんに持っていただけたらと思います」とメッセージを送った。放送は2018年3月31日までの全151回。

連続テレビ小説『わろてんか』

日程:2017年10月2日(月)〜2018年3月31日(土)
URL:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ