朝ドラ脚本家も絶賛、松坂桃李の表現力
2017.10.19 7:00

朝の連続テレビ小説『わろてんか』の出演者やスタッフ、総勢22名にNHK大阪放送局がインタビュー。本作の脚本を手掛ける吉田智子のコメントが届いた。

ヒロイン・てん役の葵わかなと夫役の松坂桃李。撮影が始まった当時の撮影セットにて
ヒロイン・てん役の葵わかなと夫役の松坂桃李(左)。撮影が始まった当時の撮影セットにて画像一覧

本作品について、「これまでの朝ドラは、ヒロインカップルの間に、1人が少し割り込むぐらいの三角関係、という印象ですが、ヒロイン・てん(葵わかな)を取り巻く男性は、それどころではありません。てん以外の女性陣も交えて、彩り豊かな恋愛模様を楽しみながら書かせていただいています」と話す吉田。

「キャスティングが非常に魅力的で、全方位をすてきな男性たちで固めているといった感じ。ありとあらゆる女性の好みに対応しているのではないでしょうか(笑)。ヒロインの夫・藤吉役は松坂桃李さん。ヘタレさのなかにあるやさしさや強さ、猪突猛進な感じ、てんや仲間たちへの揺るぎない愛情まで描きやすい。松坂さんならヘタレさも、やさしさも、芯の強さも演じ分けてくださるという安心感があります」

春の出演者発表会見に登場した『わろてんか』の出演者ら
春の出演者発表会見に登場した『わろてんか』の出演者ら画像一覧

脇を固める男性陣については、「おちゃらけて見える風太(濱田岳)も、実は無骨で一本気、愛情にあふれていて、てんのことを幼い頃から思い続け、支えようと頑張ります。藤吉とはまた違う種類の愛情を示してくれる。伊能(高橋一生)は、表面上クールでときにかわいらしいところを見せる、いわゆるツンデレではありますが、孤独を抱えており、やはり軸の部分には深い愛情を持っています」

旅芸人の藤吉から届く手紙を手に想いを寄せるてん(葵わかな)
旅芸人の藤吉から届く手紙を手に想いを寄せるてん(葵わかな)画像一覧

最後に、「家族愛はもちろん、てんと藤吉の恋愛模様を大事に書いていきたい。お嬢様と旅芸人・・・『ロミオとジュリエット』に代表されるような、周囲に反対される恋であり、2人の行く末をハラハラドキドキ見ていただけると思います。また、人は幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せになれるのだと、私は信じています。朝活ならぬ、笑活(わらかつ)として、1日の始まりに元気に笑っていただき、前に進んでいくための一助になればうれしいです」とメッセージを送った。放送は2018年3月31日までの全151回。

連続テレビ小説『わろてんか』

日程:2017年10月2日(月)〜2018年3月31日(土)
URL:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ