高橋一生「レギュラーで朝ドラか!」
2017.10.11 8:00

朝の連続テレビ小説『わろてんか』の出演者やスタッフ、総勢21名にNHK大阪放送局がインタビュー。葵わかな演じるヒロイン・藤岡てんの縁談相手で、青年実業家の伊能栞役を演じる高橋一生のコメントが届いた。

「大河ドラマ『軍師官兵衛』で一緒だった松坂さんや濱田さんなど、見知った方がいるので、すっと現場に入らせてもらっています」と高橋
「大河ドラマ『軍師官兵衛』で一緒だった松坂さんや濱田さんなど、見知った方がいるので、すっと現場に入らせてもらっています」と高橋画像一覧

「僕は若い頃、朝ドラのオーディションを受けていたんです。その後、『おひさま』(2011年度前期)に出演したのですが、あのときは1週だけの登場で、ゲスト的な立ち位置でした。なので、今回はいよいよ『レギュラーで朝ドラか!』という感じです」と意気込む高橋。演じる伊能については、「完璧な人間なんていないわけで、誰しもどこか滑稽であったり情けないところがある。この伊能栞という人間も、完全無欠に見えて実はもろさのある男です。その複雑な階層が見え隠れするように演じたい」と話した。

春におこなわれた会見で、気負うことなく涼しい表情を見せる高橋
春におこなわれた会見で、気負うことなく涼しい表情を見せる高橋画像一覧

松坂桃李演じる藤吉とは、恋敵の関係。「(2人は)真逆に見えて、実は同じラインの人間なんだと思います。おてんさんのことを大切に思うライバルのような関係でありながら、エンタテインメントの世界でお客さんを幸せにしたいという思いを持つ同志のようであり、困っていれば手助けしたいという友情もある。男同士、殴り合って心通わせる・・・というような気質がお互いにあるのも、おもしろいです。『結局、それで仲よくなっちゃうんだ』といった感じで(笑)」と今後の展開を匂わせる。

撮影現場などで聞こえてくる大阪弁に「あぁ、ここは大阪なんだと実感しています」と高橋
撮影現場などで聞こえてくる大阪弁に「あぁ、ここは大阪なんだと実感しています」と高橋画像一覧

最後に「伊能栞という男がこれからどう描かれていくのか、おてんさんへの感情はどう動いていくのか、僕自身も気になることがたくさんあります。彼にはある境遇ゆえのコンプレックスがあるのですが、決してそこにくすぶっているわけではなく、『笑い』をみずから求めていくバイタリティを持った人間。自分がワクワクできるものを求め、それをいかにエンタテインメントとして日本に根づかせていくのか、楽しみにしていただきたいです」とメッセージを送った。放送は2018年3月31日までの全151回。

連続テレビ小説『わろてんか』

日程:2017年10月2日(月)〜2018年3月31日(土)
URL:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ