大阪初、キャンピングカーでグランピング
2017.10.10 18:00

大阪中心部から車で約20分の自然あふれる舞洲(まいしま)エリアに、手ぶらで気軽にキャンプ体験ができる新たなグランピング施設がオープン。アメリカから輸入したキャンピングカーに泊まることができる「グランキャンピングパームガーデン舞洲 by WBF」が、10月7日に誕生した。

エアストリームに併設されたデッキで、BBQを堪能できる
エアストリームに併設されたウッドデッキで、BBQを堪能できる画像一覧

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」からも近いこのエリアには、「ホテル・ロッジ舞洲」などのホテルやログハウス、BBQができる都市型リゾート施設が続々とオープン。それ以上に非日常感を味わえるのが、この5300坪の広い敷地に設置された「エアストリーム」だ。「エアストリーム」とは、1930年代初頭にアメリカで生まれた高級キャンピングカーブランドで、キッチンやベッドルーム、トイレ、シャワーなど生活に必要な装備が備えられているのが特徴。

なかにはベッド、シャワールーム、トイレ、冷蔵庫などが設備されている
なかにはベッド、シャワールーム、トイレ、冷蔵庫などが設備されている画像一覧

施設内にはアメリカから直輸入したヴィンテージものなど計12台のエアストリーム(1台2〜3名)に泊まることができ、1台1台元の持ち主がオーダーしたであろう内装の個性も感じられ、マニアにはたまらない空間に。流線型でシルバーメタリックのまるで宇宙船のような外観に、大人も子どもも好奇心をかき立てられ、盛り上がること間違いなしだ。エアコンや電子レンジ、テレビ、冷蔵庫などは新しいものが備え付けられているので、ヴィンテージものとはいえ快適に過ごすことができる。

エアストリームごとに内装のデザインもさまざま
エアストリームごとに内装のデザインもさまざま画像一覧

ほか、家のように広く、最大8人と大人数で快適に過ごすことができる「トレーラーハウス」は18台登場(2名用4台・8名用14台)。夕日の写真スポットとしても人気の海沿いで、サンセットと海をゆっくり見渡せる抜群のロケーションには、日帰りBBQコーナー全114席を用意。アートイベントなどで活躍する出張料理人・ソウダルアさんが監修した、バーニャカウダー、骨付き鶏もも肉のコンフィ、米国産牛のサーロインステーキ、究極のじゃがバターなどこだわりのBBQメニューが楽しめる。

トレーラーハウス内には、ロフトスペースやキッチン、寝室が広く、まるで家のように快適にすごすことができる
トレーラーハウス内には、ロフトスペースやキッチン、寝室が広く、まるで家のように快適にすごすことができる画像一覧

宿泊の料金は、キャンピングカーのエアストリームが1泊13400円〜(2名利用時の1名料金、BBQ・朝食付)、トレーラーハウスが1泊15900円〜(2名利用時の1名料金、BBQ・朝食付)。時期や人数によって変動があるので公式サイトを要チェック。BBQのみだと、1人4400円(食材、器材、施設利用料込)で、11:00〜15:00と16:30〜20:30で利用できる。

「グランキャンピングパームガーデン舞洲 by WBF」

2017年10月7日(土)オープン
住所:大阪市此花区北港緑地2-3-57
電話:06-7711-7877
URL:https://www.hotelwbf.com/palmgarden/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ