千葉雄大「芸子や花魁役やってみたい」
2017.10.1 8:00

10月2日からはじまるNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』の出演者やスタッフ、総勢21名のインタビューをNHK大阪放送局が実施。第4弾として、ヒロイン・藤岡てんの兄・藤岡新一役を演じる千葉雄大のコメントが届いた。

「関西の友だちに京ことばで話して、違ったら指摘してもらい会話を続けていくという、実践での訓練もしています(笑)」と千葉
「関西の友だちに京ことばで話して、違ったら指摘してもらい会話を続けていくという、実践での訓練もしています(笑)」と千葉画像一覧

自身が演じる新一を、「人の役に立ちたいという強い想いを持った、とてもしっかりした男です。また、誰に対しても同じような優しい態度を取って、マイナスイオンのような癒し系の印象も」と評す千葉。

関西弁、それも京ことばで話す役は初めてとのことで、「難しくはあるのですが、柔らかな雰囲気がとても好きなのでうれしいです。言葉指導の先生に『語尾を切っても大丈夫ですよ』と注意されたのですが、舞妓さんのような言葉が好きで、『ゆうてはるんやなぁ』と語尾に『ぁ』や『ぇ』がくっついて女性的になってしまうようです。いつかは芸妓さんや花魁の役もやってみたいですね(笑)」と楽しんでいるよう。

春におこなわれた会見で、緊張した表情を見せる千葉
春におこなわれた会見で、緊張した表情を見せる千葉画像一覧

また、「父親役の遠藤憲一さんとは初共演。正直言うと最初はすごく緊張して『怖いのかな』と思いましたが、全然そんなことはなく、合間にすごくお話もしてくださいますし、お芝居のときもちょっと冗談を言って和ませてくださったりしています。母親役の鈴木保奈美さんは撮影の間、本当にずっと笑顔で穏やかなので、本物のお母さんみたい。すごいなぁと思います」と撮影現場の雰囲気も話した。

「朝ドラならではだと思うのですが、『家族』がていねいに描かれていますよね」と千葉
「朝ドラならではだと思うのですが、『家族』がていねいに描かれていますよね」と千葉画像一覧

最後は、「いち視聴者として、この先どうなるのかすごく楽しみです。演じていても、見ていても、すごく穏やかな気持ちになれるドラマ。特にてんちゃんとの兄妹、2人だけのシーンが好きです。てんちゃんも、人にあまり言わないことを言ってくれるなど、新一とのシーンでは何かが違う気がします。てんとりんという2人のどちらの妹も本当にかわいくて、僕には妹がいないのでうれしかったです。画面でも、僕がデレデレしているところが観られるのではないでしょうか」とメッセージを送った。放送は10月2日~2018年3月31日、全151回。

連続テレビ小説『わろてんか』

日程:2017年10月2日(月)〜2018年3月31日(土)
URL:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ