大阪で、銀塩プリントの写真展覧会
2017.3.3 13:00

大阪・南船場にある写真専門画廊、「ギャラリー・ソラリス」(大阪市中央区)。写真用品の販売など、写真にまつわる諸々を取り扱っており、関西の写真ファンの拠点でもある同画廊で3月7日より、神奈川県を拠点に活動する写真家・白石ちえこの個展がおこなわれます。

(c)白石ちえこ
(c)白石ちえこ画像一覧

白石は1998年から活動を続けている写真家で、これまでに2冊の写真集を出版しています。今回展示されるのは、2015年に発表した2番目の写真集『島影 SHIMAKAGE』からチョイスした白黒銀塩プリントの作品約19点です。同作は白石が記憶の原風景を求めて撮影したシリーズで、どこかで見たかもしれないかすかな記憶を視覚化したような趣があります。

(c)白石ちえこ
(c)白石ちえこ画像一覧

「雑巾がけ」という、1920〜30年代に日本のアマチュアカメラマンの間で流行した古典技法を駆使しており、夜とも昼ともつかない薄暗さと、ざらついた質感が醸し出す詩情が特徴です。生のプリントでしか味わえない写真本来の魅力を、本展でぜひ感じてください。

文/小吹隆文(美術ライター)

『白石ちえこ写真展「島影 SHIMAKAGE」』

期間:2017年3月7日(火)〜19日(日)
会場:ギャラリー・ソラリス(大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館B1)
料金:無料
電話:06-6251-8108

URL:http://solaris-g.com/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。