サザエさん作者、初巡回展が京都から
2016.2.23 19:46

国民的マンガ『サザエさん』の生誕70年を記念して、作者・長谷川町子の展覧会が「美術館「えき」KYOTO」(京都市下京区)で4月28日〜5月22日に開催。日本で初めての女性マンガ家でもある彼女の足跡を、デビュー作から最後の作品まで、原作画や掲載誌と共にたっぷり堪能できる初の全国巡回展だ。

「サザエさん」第一巻(1949年)表紙原画 
「サザエさん」第一巻(1949年)表紙原画画像一覧

14歳で『のらくろ』の作者でもある漫画家田河水泡に弟子入り。15歳のデビューで天才少女と呼ばれ、1946年にサザエさんを生み出した長谷川。いつしか、本人とサザエさんとのイメージが重なり合い、自伝的なエッセイも『サザエさんうちあけ話』と連載するまでに。そんな彼女のサザエさん人生をたっぷり楽しめる、朝日新聞などで連載された4コマ漫画『サザエさん』から厳選した100枚の原作画、スケッチブック、単行本などを展示。

「いじわるばあさん」(1968年9月15日号)『サンデー毎日』、原画  ©長谷川町子美術館
「いじわるばあさん」(1968年9月15日号)『サンデー毎日』、原画 
©長谷川町子美術館
画像一覧

また、そんな国民から愛される家族像とは裏腹な強烈キャラクターがたまらない『いじわるばあさん』、大好きな子どもたちのことを思って描いた絵本・・・サザエさんとはまたひと味違う作品なども。それらから共通して楽しめるのは、昭和に生きた彼女が創作した、時代を越えて愛されるユーモア、そして生き生きと人生を楽しむキャラクターたちだ。

今回の企画展に合わせて、原作マンガを使った展覧会記念グッズや長谷川町子デザインの復刻商品も販売予定。長谷川町子美術館以外で原作を使用したアイテム販売は初めてとのこと。非常にレアなものになりそうなのでお見逃しなく。

取材・文/浅野はるか

『サザエさん生誕70年記念 よりぬき長谷川町子展』

期間:2016年4月28日(木)~5月22日(日)
時間:10:00~20:00※入館は閉館30分前まで
会期中無休
会場:美術館「えき」KYOTO(京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町 京都駅ビル内JR京都伊勢丹7階)
料金:800円、高・大学生600円、小・中学生400円
電話:075-352-1111
URL:http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。