クリエイターの救世主、助成公募開始
2015.12.10 19:30

大阪で活動するアーティストやクリエイターを支援する「おおさか創造千島財団」が、2016年度の助成事業への募集を開始した。

これまで助成を受けたのは、アート展やコンサート、子ども料理教室をはじめ、大阪の川をクルージングしながらRPG感覚の芝居を観せた劇団子供鉅人の『クルージングアドベンチャー』や、10年ぶりに大阪市内で野外劇を上演した維新派の『透視図』など、演劇分野でも活用されている。

劇団子供鉅人の『クルージングアドベンチャー』
劇団子供鉅人の『クルージングアドベンチャー』画像一覧

「創造活動助成」と「スペース助成」の2種類あり、「創造活動助成」では大阪府を拠点に活動するアーティストや府外のアーティストが府内で行う創造的活動のうち、若手や先駆的活動に助成金が交付。「スペース助成」は、造船所跡地を改装した創造スペース「クリエイティブセンター大阪」の施設提供と助成金が交付される。

維新派の『透視図』(写真/井上嘉和)
維新派の『透視図』(写真/井上嘉和)画像一覧

1件あたり最大100万円の助成金が補助されるが、そのためにはなぜその活動を行うのか、本人や社会にどのような意味を持つのかを客観的に捉え、効果的に主張する必要がある。おおさか創造千島財団の野口さんは「申請書の書き方がいいと、もっと知りたい、助成したいと思う。逆に、全項目が埋まっていなかったり、活動内容やねらいが2~3行しか書いてないのは問題外」という。申請の締め切りは、2016年1月12日まで(当日消印有効)。募集要項など詳細は公式サイトにて(http://www.chishimatochi.info/found/)。

おおさか創造千鳥財団『2016年度 公募助成募集』

助成対象期間:2016年4月1日(金)〜2017年3月31日(金)
URL:http://www.chishimatochi.info/found/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。