荒木飛呂彦の世界を初舞台化
2015.11.5 18:15

『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる漫画家・荒木飛呂彦の作品が、主演に俳優・森山未來を迎えて、初舞台化される。

shikei

初期は『魔少年ビーティー』や『バオー来訪者』に始まり、『ジョジョの奇妙な冒険』では20年以上もシリーズ連載が続いている荒木飛呂彦。繊細で躍動感のある描写、心理的な葛藤や謎解きなどで展開する難解で爽快なストーリーに熱狂的なファンは多い。

本舞台の原作は『死刑執行中脱獄進行中 荒木飛呂彦短編集』から、囚人が牢獄内にしかけられた罠に襲われる表題作と、海で遭難し、ヨット上で救助を待つ男と猫の物語『ドルチ』の2篇だ。

表題作は、荒木が「死刑と脱獄を同時にさせるというアイデアから思いついた」と話すように、監獄からの逃避行が実はすでに死刑執行の始まりだった、というサスペンス。注目は、荒木作品独特の空間がねじれているような世界観を身体能力の高い森山未來がダンスや演技、音楽を交えてどのように表現するのか、はたまたジョジョ立ちのようなポーズが登場するのか⋯。荒木ファンならずとも期待は膨らむ。

公式サイトで「原作ファンの多くは既存のイメージを壊してまで舞台を観たいとは思わないかもしれないけど、それをこちらが提示できたら、また漫画の読み方が変わっていくかもしれない」と語る森山。本公演は、1222日・23日に[梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ]で上演される。

『死刑執行中脱獄進行中』

日時:2015年12月22日(火)・23日(祝・水)
会場:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
料金:8,800円(全席指定)
電話:06-6377-3888(梅田芸術劇場)
URL:http://www.umegei.com/schedule/488

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。