蚤の市が阪神競馬場で、雑貨好き必見
2015.11.27 16:08

古道具・古雑貨をテーマに『第2回 関西蚤の市』が12月5日・6日に[阪神競馬場]で開催。東京では2万5千人を動員する人気イベントで、関西は初回(2014年)にして3万人を記録し、今年はさらなる人気となる予感です。

「第2回 関西蚤の市」のメインビジュアル
「第2回 関西蚤の市」のメインビジュアル画像一覧

飲食を含め約140店舗も集まる一大イベントの始まりは「パリの街中で日常的に開催される蚤の市が、日本でもあれば・・・」と、企画を担当する手紙社・加藤さん。古き良きものをテーマに、グリーンと古道具を絶妙に組み合わせる京都の[sowgen brocante]、イギリスものが中心の[MLP ショップ]など、わざわざ行きたい関西の人気店が勢揃い。さらに関東勢からエントリー増えたそうで、普段出合えないショップも参加します。

関西蚤の市
関西蚤の市画像一覧

並ぶのは日本、イギリス、フランスと様々な国から買い付けた食器、紙もの、家具、古書など。使いこまれて深みが出た木肌、味わいのある錆び、レトロでクラシックな図柄など、古いからこその魅力が生かされた品々ばかり。また、それらを今の時代に合わせたスタイリングで、インテリアの参考にもなりそうです。

ほかにも古道具だけでなく、昔のデザインを踏襲しているものや相性がいいものをセレクトする注目の雑貨店、さらに『関西北欧市』も同時開催され、雑貨好きにはたまらないラインアップに。ごはんやスイーツなどのフード系も充実し、活版印刷やシルクスクリーンのワークショップ、ミュージシャンによるライブ、レースに出走する馬を眺めたり、まる1日楽しめます。

『第2回 関西蚤の市』

日時:2015年12月5日(土)・6日(日) 9:00〜16:00
※雨天決行、荒天中止
場所:JRA阪神競馬場(宝塚市駒の町1-1)
料金:200円(15歳未満は入場無料)
URL:http://tokyonominoichi.com/kansai/2015_autumn/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ

コメント

  • Facebook
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

エルマガジンが発行する本に掲載した“うまいお店“を簡単に検索できます。

関西で行われる展覧会やライブなどのイベント情報を探すことができます。